English site

株式会社北條製餡所

あんが持っている素材本来の美味しさと魅力を活かし"安心・安全で美味しいあん"に、こだわりを持って皆様にお届けしていきます。

会社概要

商号 株式会社北條製餡所
事業所 本社工場
大阪府枚方市長尾家具町3丁目1番13号
TEL.072-851-3961(代)
FAX.072-856-6032MAP
資本金 55,000,000円
従業員数 103名
関連会社 大連北條食品有限公司(独資企業)
中華人民共和国 大連瓦房店市
株式会社北條製餡所 本社工場

ハニーあんの北條製餡所

株式会社北條製餡所は1954年京都市伏見区に設立されました。当時製餡メーカーは一般的に加糖前の"生あん"を製造・販売していましたが、暑い夏になれば饅頭は売れず、原料となる生あんを作る製餡メーカーは閑散期を迎えます。そんな中、当社は夏に売れるアイスクリームに目を向け、1958年アイスクリーム原料としての餡を業界に先駆けて開発しました。その後の、1960年には業界に先駆け"加糖餡"の製造・販売を開始し"はちみつのような甘さを持ったあん"という意味を込め「ハニーあん」ブランドを立ち上げました。また試験室を自社内に設置し、業界に先駆けて全製品の検査体制を整えました。さまざまな用途で多岐にわたる商品が開発される現代でも、無限に広がるあんの可能性を追求し続け、常に"魁る"の精神で私たちは成長を続けます。

沿革

1950年 2月 京都市伏見区にて、製餡事業を開始する。
1954年 6月 京都市伏見区に「株式会社北條製餡所」を設立。
  1. 設立当初の資本金
    3,000,000円
  2. 設立の目的
    餡及び菓子の製造ならびに販売
    雑穀及び菓子原料の販売
    上記に付帯する業務
1954年 10月 大阪府枚方市に分工場を設ける。
1955年 11月 大阪市都島区に営業所を設ける。
1958年 4月 冷菓業界に販路を拡張する。(全国初)
1960年 1月 枚方工場に加糖餡の加工工場を新設し、「ハニーあん」
ブランドを立ち上げ、各種加糖餡の製造販売を始める。(全国初)
1964年 6月 大阪府枚方市に本社を移転し、大阪府都島区に支店を設ける。
1966年 1月 枚方工場に試験室を設置し、全製品の検査体制整う。(業界初)
1967年 1月 アイスクリーム用餡の製造方式を改善し、パイプラインシステムとする。
1970年 1月 本社工場に第二工場を完成。
1970年 3月 大阪万国博覧会が開幕。増産体制に入る。
1975年 3月 「無菌の生餡製造方法」特許認定。
1976年 3月 新工場が完成し、本社を新工場に移転。
京都・大阪支店を統合。
新本社工場所在地
大阪府枚方市長尾家具町3丁目1番13号
1977年 8月 従業員持株制度発足。
1979年 3月 中華人民共和国において、冷凍ボイル小豆を開発輸入。
1983年 8月 増資 資本金 55,000,000円とする。
1983年 9月 本社工場に第二工場完成。加糖餡部門、事務所が移転。
1983年 12月 羊羹製造ライン完成。
1985年 9月 第一工場の全面改修工事着手。第一期工事完了。
1986年 3月 和菓子用甘納豆の需要拡大に伴い、新甘納豆製造設備を完成。
1986年 6月 研究開発室を新たに設置、基礎研究の開始。
1989年 2月 第一工場全面改修工事、第二期・三期工事完了。
1990年 3月 第二工場増設工事完了。延床面積5,600m²となる。
1992年 2月 中華人民共和国において冷凍生餡の設備完成、輸入を開始する。
1994年 9月 練餡無菌充填室完成。
1995年 4月 第一工場増設工事完了。試験室及び試作室を移転する。
1995年 12月 中華人民共和国において、大連北條食品有限公司設立。(独資企業)
1996年 5月 「プロアントシアニジンの製造方法」特許認定。
1996年 7月 大連北條食品有限公司において、甘納豆製造設備完成、輸入を開始する。
1996年 8月 大連北條食品有限公司において、加糖餡製造設備完成、輸入を開始する。
1997年 1月 「太鼓判」商標登録更新。(No.1168873号)
範囲:餡及び和洋菓子全般。
1999年 9月 二層式袋物食品冷却装置 共同開発。
2003年 3月 「起泡性餡又は起泡餡の製造方法」特許認定。
2003年 6月 本社工場 ISO9001認証取得。
2004年 6月 「ハニーあん」商標登録。(No.4776680号)
2004年 10月 平成16年度 食品衛生優良施設 厚生労働大臣表彰を受賞。
2004年 10月 大連北條食品有限公司 HACCP認証取得。
2005年 6月 原料小豆選別工程の無人化システムを自社開発、稼働。
2005年 10月 本社敷地内に低温倉庫完成。(製品100トン収容可能)
2005年 12月 大連北條食品有限公司 増資。
資本金 US$2,352,000に。
2007年 5月 モンドセレクション2007において、
当社製品「北海小倉48」「北海納豆」が金賞、「極上練赤S」が銀賞受賞。
2008年 5月 モンドセレクション2008において、
当社製品「北海小倉48」「北海納豆」が金賞、「極上練赤S」が銀賞を2年連続受賞。
2009年 3月 「ヨーグルト用あんの製造方法」特許認定。
2009年 5月 モンドセレクション2009において、
当社製品「北海小倉48」「北海納豆」が3年連続金賞及び
International High Quality Trophy2009(国際最高品質賞)を受賞。
「極上練赤S」が銀賞を3年連続受賞。
「えんどう納豆」が銀賞を受賞。
2010年 1月 第1回食品表示検定(食品表示検定協会)において、中級食品表示診断士に合格。
2010年 1月 大阪府版「食の安全安心認証制度」認証取得
2010年 5月 モンドセレクション2010において、
当社製品「北海小倉48」「北海納豆」が4年連続金賞を受賞、
「スイートポテト」・「小粒納豆」が金賞を受賞。
2011年 5月 モンドセレクション2011において、
当社製品「北海小倉48」「北海納豆」が5年連続金賞を受賞、
「スイートポテト」「小粒納豆」が2年連続金賞を受賞。
2012年 4月 大連北條食品有限公司 増資。
資本金 US$3,602,000に。
2012年 5月 モンドセレクション2012において、
当社製品「北海小倉48」「北海納豆」が6年連続金賞及び
International High Quality Trophy2012(国際最高品質賞)を受賞(2回目)。
「スイートポテト」「小粒納豆」が3年連続金賞及び
International High Quality Trophy2012(国際最高品質賞)を受賞。
「抹茶餡」が金賞を初受賞。
2013年 5月 モンドセレクション2013において、
当社製品「北海小倉48」「北海納豆」が7年連続金賞を受賞。
「スイートポテト」「小粒納豆」が4年連続金賞を受賞。
「抹茶餡MOD」が2年連続金賞を受賞。
2013年 11月 枚方税務署より「優良申告法人」として表敬を受ける。
2014年 4月 モンドセレクション2014において、
当社製品「北海小倉48」「北海納豆」が8年連続金賞を受賞。
2015年 4月 モンドセレクション2015において、
当社製品「北海小倉48」「北海納豆」が9年連続金賞を受賞及び
International High Quality Trophy2015(国際最高品質賞)を受賞(3回目)。
2016年 4月 モンドセレクション2016において、
当社製品「北海小倉48」「北海納豆」が10年連続金賞を受賞及び
Crystal Prestige Trophy2016を受賞
2017年 4月 モンドセレクション2017において、
当社製品「北海小倉48」「北海納豆」が11年連続金賞を受賞
2018年 4月 モンドセレクション2018において、
当社製品「北海小倉48」「北海納豆」が12年連続金賞を受賞及び
International High Quality Trophy2018(国際最高品質賞)を受賞(4回目)。
「北海つぶあん60」「北海こしあん60」が金賞を受賞、
「トッピング小倉HJ」が銀賞を受賞。
2019年 4月 モンドセレクション2019において、
当社製品「北海小倉48」「北海納豆」が13年連続金賞を受賞。
「北海つぶあん60」「北海こしあん60」が2年連続金賞を受賞、
「トッピング小倉HJ」が2年連続銀賞を受賞。
2020年 4月 モンドセレクション2020において、
当社製品「北海小倉48」「北海納豆」が14年連続金賞を受賞。
「北海つぶあん60」「北海こしあん60」が3年連続金賞を受賞、
「トッピング小倉HJ」が3年連続銀賞を受賞。